会社を知る

about the jkhd

沿革

75年の歩み

創業

昭和10年~

<昭和12年>
歴史の始まりとなる「丸𠮷商店」創業。

10
周年

昭和20年~

<昭和24年>
「株式会社丸𠮷商店」を設立。

20
周年

昭和30年~

<昭和33年>
新本社を墨田区本所へ設立。
<昭和38年>
営業所網の拡大を図る。社名を「株式会社丸𠮷」に変更。

30
周年

昭和40年~

<昭和43年>
オリンピック後の不況により、経営不安を招き、主要仕入先の管理下に置かれる。
後に「丸𠮷ショック」と呼ばれる。

40
周年

昭和50年~

<昭和53年>
苦境を乗り切り、「第1回まるよし市」を開催し、見事成功を収める。

60
周年

平成元年~

<平成2年>
株式を店頭公開。同時に本社ビルを江東区平野へと移転。
<平成8年>
東京証券取引所第2部に上場。

70
周年

平成10年~

<平成10年>
丸𠮷と興国ハウジングが合併し、「ジャパン建材株式会社」が誕生。
<平成11年>
まるよし市の精神を受け継ぎ、「第1回ジャパン建材フェア」を開催。「ティーエムシー」と合併。
<平成12年>
「ハウス・デポ・ジャパン」を設立。
<平成15年>
念願の「東証第1部」へ指定替え。
<平成16年>
ISO14001の認証を全営業所で取得。
「通商株式会社」の株式を取得。子会社化。
上海(中国)に「銀得隆建材有限公司(上海)」を設立。
<平成17年>
大連(中国)に「銀得隆建材有限公司(大連)」を設立。
<平成18年>
さらなるグローバル化・多様化に対応するため、純粋持株会社「JKホールディングス」が発足。
<平成19年>
新木場に新社屋「新木場タワー」竣工。
「木材・合板博物館」開設。
<平成21年>
南寧(中国)に合板製造・販売の行う合弁会社を設立。
<平成22年>
ウラジオストク(ロシア)に「RusInterra」を設立。
<平成23年>
台中(台湾)に「新日緑建材股份有限公司」を設立。
<平成24年>
創業75周年。
<平成25年>
(株)銘林の株式を取得し子会社化
(株)群馬木芸を設立
(株)宮盛の株式を取得し子会社化
<平成26年>
(株)COMFILLを設立
<平成27年>
(株)ジェイ・ハートを子会社化
(有)瀬川木工(現(株)アイチキャビネット)を子会社化
<平成28年>
トップ建材(株)を子会社化
公益財団法人 木材・合板博物館、公益財団法人PHOENIXへ名称変更
(株)銘林と(株)ジェイ・ハート(福岡県福岡市)が合併。(株)銘林福岡営業所を開設

80
周年

平成30年〜