会社を知る

about the jkhd

JKホールディングス
について

何をしている会社

JKホールディングスは、住宅建材の『専門商社』であるジャパン建材を中核会社に、住宅関連企業をグループ傘下に展開する純粋持株会社です。

以前はジャパン建材を東証一部上場会社とし、その子会社でジャパン建材グループを構成していましたが、グループ経営を進める上で、建材卸売事業もグループの一事業部門としてグループ管理していくことが好ましいと考え、平成18年10月にJKホールディングスを純粋持株会社とする現体制に移行しました。

なお、ジャパン建材に在籍している社員約1,200名はJKホールディングスから「出向」という形で勤務しております。

ホールディングスとは

事業分野

JKホールディングスは、大きく分けて
(1)総合建材卸売事業
(2)合板製造・木材加工事業
(3)その他事業
の3つの事業分野に分かれます。その中でも中核事業は建材卸売事業で、ジャパン建材をはじめとして、関西を基盤とする通商や緑化事業・造園事業を行う物林といった会社があります。

合板製造事業では、合板・LVL製造のキーテックや秋田グルーラムといった会社があり、特に大規模建築物に適した大型構造材の製造・販売に強みを持っています。その他事業には、建設業・物流業・フランチャイズ業・住宅ローン仲介業・旅行業など住宅関連を幅広く網羅するグループ構成になっており、製造から物流までお客様を様々な分野からサポートしていく体制をこれからさらに充実させていく予定です。

企業理念

「快適で豊かな住環境の創造」

「快適で豊かな住環境の創造」を企業理念に掲げ、日本の住環境を少しでもよくするため、すべてのお客様に貢献することを目指しています。

特に、商売上ではお得意様が儲かってこそ我々も初めて儲かるという観点から、「すべての取引先のお役に立つ事を目指す」をモットーに、共存共栄の精神で経営に当たっています。社内研修でも会長をはじめ、役員が必ず講義の時間を持ち、社員に対して経営理念の共有化を心掛けています。

業績

業界売上高記録 No.1

平成10年に合併してジャパン建材となってから、業界No.1の売上高を記録し続けています。

今後はJKホールディングスの傘下の事業会社の業容の拡充や、新たな事業会社を加えていくことで売上高の拡大と高収益体制の確立。そして、業界内での更なるシェアアップを目指します。

グローバル展開

世界地図

東南アジア・中国・北米に現地駐在員を派遣し、現地企業と直接貿易を行うなど、主に海外から木材製品や輸入建材の調達がメインでしたが、日本の住設・建材メーカーとタイアップして中国国内への資材販売にも力を入れており、近年ではロシア・モスクワ、台湾・台北、インドネシア・ジャカルタに現地法人を設立するなど、更なる海外マーケットへの事業拡大を進めております。